○美ちゃんは魔法使い



初めて入院した時には、病院食をほとんど毎日完食していました。

抗癌剤を投与されると、吐き気・食欲不振の副作用が出るというのに
私には関係無いように抗癌剤の投与を受けても
毎回全量摂取していました。

同室者が食事がまずいの、ご飯が食べれないというのを聞いて
全量摂取をするのが申し訳なくて
少し残した方が良いかしら?なんて思っていた事すらあります。

それが最近全く病院食が食べれません。
食事の時、食器の蓋を取るのすらこわごわです。

つわりの時、食事の匂いをかいだだけで気持ち悪くなるように
匂いに敏感になっています。

もちろん味も、美味しくない!!

食事の時間が苦痛です。

決して食欲が無いって事では無く
売店で買物をして補ったり、食堂に行き食事をしています。

主治医や、回診においでる教授に変わった事は?って聞かれた時
「病院の食事が食べれないんです」って、正直に言うと
『それで正常です。』と、さらりと返答されるだけ。

中には 『投書しなさい』って言うDrや、ナースまでおいでます。

退院してホッとしています。

夕食の時 「これコシヒカリ?」って聞きます。
そしたら○美ちゃんが(長男のお嫁さん)「いいえ」って言います。

我家はお米を作っていながら、まだ新米を口に出来ません。
コシヒカリを作っていない為、知り合いから新米のコシヒカリを頂きました。
特別な日にコシヒカリを炊いてくれるんです。

母と交代でご飯を炊いてくれるんですけど
○美ちゃんが炊くといつも古米が、新米のコシヒカリに変身するんです。

母には言えませんけど・・。

古米をコシヒカリに変える○美ちゃんは、若いけど魔法使いみたいです。

昨夜もそっとご飯のお代わりをしました。



2004年11月3日






SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO